[ 大人気!釣って楽しく食べておいしいショウサイフグ!釣果に差をつけるオリジナルカットウ仕掛けの紹介です。 ]

近年、大人気の海船釣りターゲット「ショウサイフグ」のカットウ釣りの基礎知識と基本的釣り方、筆者が5年のショウサイフグ釣りの経験で作り上げたオリジナルカットウ仕掛けを紹介するホームページです。 ショウサイフグは、日本各地の沿岸に生息するフグの一種です。釣って楽しく食べておいしい、フグ調理免許を持つ船宿が捌いてくれますので釣った後も手間要らず、冷凍も可能で冬はフグ鍋(てっちり)で楽しめると あって人気船釣りターゲットとなりました。筆者は群馬県に住んでいますので関東周辺のショウサイフグ釣りができる漁港の紹介となります。東京湾のフグ釣りは非常に繊細で難しいためこのページでは少ししか触れませんが 外房の飯岡漁港、大原漁港、茨城(鹿島灘)の鹿嶋港、大洗港、日立久慈漁港には数多く釣行していますので漁港ごとの基本的な釣り方、シーズンなどを詳しく紹介します。 また試行錯誤の末、釣果に差をつけるオリジナル手作りカットウ仕掛けが完成したので是非皆様に使っていただきたく、仕掛けの紹介と通販のためにこのホームページの運営を開始いたしました。

ショウサイフグの釣船やふぐ刺し、時期にもよりますが高価なトラフグより旨い時も!
日立久慈漁港 大萬丸

日立久慈漁港 大萬丸
フグ刺し

フグ刺し(てっさ)
ショウサイフグ72尾

フグ38尾 2013/09/14 大洗弘清丸

 HOME 基本仕掛け
 関東周辺フグの釣果
 ショウサイフグの釣り方
 釣座の優劣
 漁港別特徴(関東近辺)
 オリジナルカットウ仕掛け
 オリジナルカットウ通販
 錘の着色法 必需品
 フグ釣り写真館
 お問合せ 運営者表示


釣果実績


2013/09/14 大洗38尾 竿頭


2012/06/22 大洗72尾


2012/05/26 鹿島54尾


2011/10/01 大洗104尾


2010/11/13 鹿嶋100尾


2010/10/09 鹿嶋62尾


2010/9/18 鹿嶋64尾


2010/7/10 大洗36尾


2009/10/18 大洗54尾


RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
  関東周辺ショウサイフグ釣りとは?
ショウサイフグ釣りとは
ショウサイフグ釣りとは右の写真のように餌(外房・鹿島灘はアオヤギ/東京湾はエビ)を食べにきたフグを下のカットウ針で引っ掛けて釣る方法と胴突仕掛けの餌釣り、また2つを組み合わせた(胴突の下にカットウ仕掛け)釣り方となります。 このページで紹介するのはカットウ仕掛けでの釣りがメインとなります。

ショウサイフグの他に稀にですが、トラフグ、ヒガンフグ(通称アカメフグ)、コモンフグ、マフグなども釣れます。

東京湾のフグ釣り
東京湾のフグ釣りは基本的に8−10号のシンカー(ナツメ錘)を使いの餌は「アルゼンチン赤エビ」か「甘エビ」で、8−12メートルの深さの千葉県大貫沖でのカットウ仕掛けが一般的です。 冬場は胴突仕掛け(丸海津12号・13号)で30mぐらいの深場を狙う時期、八景島沖でアカメフグを狙う時期もあります。通年遊漁船が東京湾各地の釣り宿から出船ています。

※釣り方、釣座などすべての面で非常に繊細で難しい釣りです。そこがいいとも言えますが・・授業料高くつきますね・・ 個人的に関東近郊でショウサイフグの味が一番いいのは冬の東京湾大貫沖フグだと思います。また、トラフグを放流しているようで近年釣果が出ています。

外房でのフグ釣り
外房でのフグ釣りは、餌にアオヤギを使うカットウ釣りか、胴突とカットウの組み合わせで、シンカー(ナツメ錘)に25号(外房は基本25号)を使います。 漁港により出船時期が変わり、最大の漁港は大原港で10月1日から4月30日(5/1〜9/30までは資源保護のため禁漁)まで、 飯岡港は、禁漁期間はないようですが資源保護のための自主休船なのか釣れないのでお客が無いのか9月〜4月一杯ぐらいがメインシーズンのようです。 千葉県ではその他に大東、勝浦、千倉からの出船もあります。

鹿島灘・日立沖でのフグ釣り
鹿島灘でのフグ釣りは鹿嶋新港、大洗港、日立久慈港で餌にアオヤギを使うカットウ釣りか、胴突とカットウの組み合わせです。 日立久慈港が6月半ばから8月で産卵期前後(ノッコミ)のみの出船、25号シンカーを使い深さ10-25m(産卵期は5mの時もあり)を狙います。 鹿嶋沖、大洗沖は25−40号シンカーで通年出船です。以前は9-11月でしたが、フグ人気でいつの間にか2011年からはどこかしらの船宿が出ています。
アオヤギカットウ仕掛け
  基本的なショウサイフグ仕掛けとは?
基本的なショウサイフグの仕掛け(胴突食わせ+カットウ仕掛け)は下記になります。

東京湾でのフグ釣り仕掛け
一部時期を除き、ほとんどの釣宿は、千葉県大貫沖の砂地でのカットウ釣りです。 根掛りが少ないので「食わせ仕掛け+カットウ仕掛け」という下記の仕様が一般的となります。

東京湾で胴突を付けない場合、カットウをPE直結にするのではなく50センチぐらいの長さの4−5号のハリスを入れると釣果が上がるといわれています。

一部船宿では通年食わせ仕掛けの所もありますので仕掛けはHPや電話でご確認下さい。

鹿島灘・日立沖でのフグ釣り
外房・鹿島灘・日立沖は根掛りが多いポイントが多く、カットウが根掛りした場合、幹糸の弱い胴突仕掛けが 切れてしまいますので食わせ仕掛けをつけられないケースも多々あります。しかしながら根掛りが無いポイントでは 食わせ仕掛けはフグ寄せの効果もあり、外道も釣れますのでやはりお奨めです。

外房・鹿島灘で胴突を付けない場合、20メートル以上の深さなのでPE直結でも大きな問題なく、またカットウが根掛りした場合ハリスが切れてしまう場合が多くなりますので 直結をお奨めいたします。

外房・鹿島灘仕掛け 東京湾仕掛け
★ 釣果に差が出るオリジナルカットウ仕掛けはここから
[ 大人気!釣って楽しく食べておいしいショウサイフグ!釣果に差をつけるオリジナルカットウ仕掛けの紹介です。 ]